採用情報

先輩からのメッセージ


第一設計グループ エンジン設計チーム
  丁 昶熏

 幼い頃から『出来ない事があっても出来るようにする』と教わり、
何事も諦めずに納得するまで考える習慣ができました。
今はどんなに難しい仕事であっても『出来ない事はない』と思うと、
何でも出来ます。ただ方法が複数あり迷うこともありますが、最適な
ものを選択することが一番大切な事だと思っています。
 
 
 

株式会社メカニカルデザインに入社を決めた理由は何ですか?

 昔から“ものづくり”に興味があり、絵を描いて実際に作ったりしていました。大学は理工系を専攻し、3Dプログラムを使いながら“ものづくり”に役立つ勉強をしました。中でも、自動車に大変興味が湧き、自分が設計した自動車に乗ってみたいと思いました。弊社であれば自分の希望を叶えることが出来ると思い、入社を決めました。

今、どんな仕事をしていますか?

 現在、エンジンから燃料タンクまでの燃料系全般の設計を担当しています。一般の方は、燃料計で残量が少なくなれば給油口から給油する程度の認知度ですが、各国の法規制により複雑なシステムがあり、車種によっても部品が異なるなど設計するうえで制約の厳しい部位です。

仕事の面白さ(やりがい)は何ですか?

 厳しい制約条件の中、設計要件をクリアすることができ、お客様に喜んで頂いた時、または自分が開発に携わった自動車に乗ることができた時、また、難しい問題点を解決した時にもやりがいを感じます。

職場の雰囲気について教えてください。

 上司、先輩、同僚、みんなとは家族ような関係で気兼ねなく楽しく過ごすことができています。でも、仕事に対しては厳しいです。このような楽しさ、厳しさがバランスよく両立している、良い雰囲気の職場です。

応募者へのメッセージ

 設計と言うのは『出来ない事も出来る様にする!』です。ゼロから物を作ることは大変ですが、自分で苦労して設計したものが世の中に出まわるのは素晴らしいことだと思います。当社で創造主になるのはどうですか?

ページの先頭へ