採用情報

先輩からのメッセージ


第一設計グループ エンジン設計チーム
  杉浦 友美

 なかなか新しいことに挑戦することが苦手でしたが、転職を機に色々とチャレンジ
しています。一見、冷静なタイプに見られがちですが実は困っている人を見ると放っ
ておけません。設計って個人の仕事のように見えるかも知れませんがチームでの協力
が必要なんだって実感できます。皆で未来の車に携われるってなんだか嬉しいです。
 
 
 

株式会社メカニカルデザインに入社を決めた理由は何ですか?

 以前は医療関係の仕事をしていましたが、短大を卒業してひとまず始めた仕事であり、特に資格やスキルが身に付くわけではなかったので、一生続けようと考えていませんでした。手に職をという点で、CADオペの仕事は適当であ
ると思い入社を決めました。未経験大歓迎というのも決め手のひとつです。

今、どんな仕事をしていますか?

 私は、エンジンの排気系部品を担当しています。簡単に言えば図面作成、形状検討、解析作業など、お客様の設計のお手伝いのような仕事をしています。入社してしばらくは図面作成や部品構成の変更など定型的な作業がほとんどでした。今は、3D上で周辺部品との隙間を確認しながら担当部品の成立性を検討したり、解析により判明した熱疲労や、振動で弱い部分への対策を検討したりすることが出来ています。

仕事の面白さ(やりがい)は何ですか?

 厳しい条件で思い通りの形状を成立出来たときはその瞬間ごとに毎回達成感があります。私が検討作業を始めて間もない頃に、開発初期段階から関わった車種が市販され、自動車雑誌に自分が設計した部品の写真が載っているのを見たときは、とてもうれしく感じました。その車は今でも印象深いです。

職場の雰囲気について教えてください。

 色々な協力会社さんと同じ区画に席があるので、少々緊張感を持ちながら仕事をしています。業務が絶え間なく入
ってくるので、和気藹々というのはあまりないですが、皆さん黙々と作業を進めており、毎日時間があっという間に過ぎてしまいます。

応募者へのメッセージ

 どんな仕事でも共通することだと思いますが、目の前の仕事を一生懸命取り組むことが大切だと思います。私自身自動車に強く興味は持っていないですし、今の仕事が向いていると思ったことはありません。向き不向きはやってみないと分からないとは言いますが、実際その仕事が自分に合っていると言いきれる人は少ないと思います。向いていないと思って自分に限界ラインを引いてしまったらそこで終わり、立ち止まってしまった時どのように乗りきるのかあきらめず取り組むことが大切だと思います。目の前の仕事を一生懸命取り組むことが出来るなら、未経験者でもどんな方でも大歓迎です。

ページの先頭へ