採用情報

先輩からのメッセージ


第二設計グループ 電装設計チーム
  山本 匡芳

 虚弱体質に見られがちですが健康です。学生時代から何をするにも
上手くなりたい、そんな一心で色々なものに取り組んでいました。
その思いは社会人になって数年経つ今も変わりなく、いつしかやり甲
斐というものに進化したようです。これらの教訓も活かして成長して
いきます。
 
 
 

株式会社メカニカルデザインに入社を決めた理由は何ですか?

 この会社ならば、将来、自動車が進化する過程に立ち会えるはず、と思い描けたからです。そもそものきっかけは自動車に興味があり、就職先は車づくりに携る企業で探していました。電気自動車やクリーンディーゼルなど、革新的な技術開発で知られる三菱自動車の仕事も担っていることや、自動車以外でも開発の流れを学べること。そして、社会に喜ばれる人づくりに力を入れていることも、入社を決める一つでした。

今、どんな仕事をしていますか?

 エンジンの始動から走行中に至るまで必要不可欠な電気供給の中枢、自動車ハーネスのレイアウト設計を担当しています。ハーネスを人間の体に例えるならば血管のようなものでしょうか。自動車設計の花形、インテリアやエクステリアに比べ、ユーザーからは派手さを感じられないでしょうが、自動車が快適で安全な走行をするには、無くてはならない設計の仕事です。

仕事の面白さ(やりがい)は何ですか?

 自分も開発に携わった車がお客様のもとに届き、そして街で走る姿を見たとき、とても大きな喜びと達成感を味わうことが出来ます。モノを作ることの楽しさと、それが目に見えたカタチとなった時の嬉しさは、それまでの苦労も何のその。設計者ならではの醍醐味であり、至福の境地でもあります。

職場の雰囲気について教えてください。

 設計業務の職場の印象は、物静かな人ばかりに感じるかも知れませんが、とんでもないですよ。色々な分野の担当者と打ち合わせをしながら業務を進めるため、コミュニケーションがしっかりしています。人当たりもよく、ときにはバカ話もあったりと、明るく元気、和気あいあいとした「アットホーム」な職場です。

応募者へのメッセージ

 弊社は自動車メーカーなど、メーカーのパートナーとして仕事を行います。それらのメーカーが開発する商品は多岐に渡ります。自分達が開発に携わった自動車などが街中で走る姿を見たときには,何とも言えない達成感を得ることができます。やるからには、いいものを作りたいという想いを持って自分のアイデアを発揮する。ものづくりに関心があるならば、一緒に夢を叶えて行きましょう。

ページの先頭へ